定期健康診断にウエスト測定

厚生労働省は25日、企業などに義務付けている定期健康診断の検査項目に、生活習慣病を招く「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)の診断基準となる腹囲(へそ回り)測定を追加することを決めた。対象者は35歳と40歳以上で、2008年4月から実施する。体格指数(BMI)の低い人や妊婦については検査の省略を認める方針。国民健康保険などの加入者向けに行われる健診でも、既に08年度からの実施(対象は40歳以上)が決まっている。
| 病気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。