メタボリックシンドロームの治療方法

メタボリックシンドロームの治療は、まず肥満を改善し、内臓脂肪を正常まで少なくすることです。これによって、肥満だけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症は改善されます。
  肥満の改善には摂取カロリーを少なくし、運動をすることが最も重要ですが、これだけで肥満を改善することは困難なことが多いです(言うは易く行なうは難し、です)。そこでそれをサポートするものとして、メタボリックシンドロームを改善する安全性の高い成分の開発が大変注目されています。その中で現在最も注目されているものの一つがアディポネクチンの働きを高めるものです。

  アルギニンは、肥満、高血圧、高血糖などを改善し、メタボリックシンドロームを改善します。アルギニンのメタボリックシンドローム改善作用は主に、アルギニンから生成する一酸化窒素(NO)によると考えられていますが、アルギニンのアディポネクチン(善玉ホルモン)増加作用がその働きの少なくとも一部に関与している可能性が示されています。
  アルギニンは生体成分(体に必要なアミノ酸)です。アルギニンの安全性は高く副作用の心配はほとんどありません。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。