【ニューレシチン2個セット】メタボリックシンドロ−ム対策に1役買います!



レシチンは、リン資質の一種で生体膜を形成する主要成分です。

メタボリックシンドロ−ム対策に1役買います!
最近注目の大豆レシチン
生活習慣から来る様々な障害の予防に。。。
大豆レシチンには活性酸素を除去したり、コレステロ−ル値を正常にしたりと
様々な要素が詰まっています。
レシチンは
★肥満の原因の1つ
脂肪の代謝異常を正常に
脂肪を必要なところに均一に分配
長期摂取で肥満対策が可能です。

レシチンの主要成分であるリン脂質はカルシウムとの相性が
非常に良いと言われてます。

ニュ−レシチンはカルシウム配合の大豆レシチンです。

内容量 280g
販売社 株式会社エフ.ティー.アール.エス

お召し上がり方:栄養補助食品として、スプーン大さじ一杯をそのままお召し上がり頂くか、
牛乳やヨーグルトに混ぜたり、サラダにふりかけてもお召し上がり頂けます。
タグ:レシチン

メタボリックシェイプDX(寝ているだけで代謝UP!)



「メタボリックシェイプDX」は基礎代謝が下がると消費しきれないカロリーが余り、脂肪がどんどん蓄積!そこでこのアイテムが褐色脂肪細胞に刺激を与えて基礎代謝UP!さらに赤筋のある、脊柱起立線を刺激!!リバウンドしにくい身体づくりをサポートしてくれます☆

TVで放映!!売れ切れ必死!フーディア(ホーディア)で食欲抑制…!?【フーディアプロミス3個セット】!ナント…送料無料!!



世界が今もっとも注目する新ダイエット素材

   食欲抑制!! 食欲抑制!! 食欲抑制!!

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    ┏◎┓┏◎┓┏◎┓┏◎┓┏◎┓
    ┃フ┃┃ー┃┃デ┃┃ィ┃┃ア┃
    ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

          食欲抑制!! 食欲抑制!! 食欲抑制!!

     ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

 ★ 食欲を抑制する力はブドウ糖の10000倍!
 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ★ 食事制限なし1日1000Kcalをカット!
 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  フーディアを食べると、空腹感を抑えるだけでなく、
   豊富な水分やミネラルが体に力を与えます。 
タグ:フーディア
| 日記

【糖尿病郵送検診キット】 肥満・運動不足が気になる方へ!





最近太ってきた、しかも運動不足、のどがかわく、多飲、多尿、体重減少・・・

現在、糖尿病の可能性が否定できない人は全国で1300万人(10人に1人)、
糖尿病とされている人は690万人、そのうち受診者はわずか220万人です。
病気に気づいていないか、放置している人が3分の2もいるのが現状です。

糖尿病は症状が進むとさまざまな合併症を起こします。
糖尿病より合併症のほうが怖いほどです。
しかし早期に発見し治療すれば改善できます。

不安なあなたもこの検査キットで安心!!

| 日記

太りすぎは、医療費も高くつきます。

標準体形の男性が二十キロ太ると、糖尿病や高血圧になりやすくなり、年間医療費が二・五―一・三倍に跳ね上がるとの推計を京都大経済研究所の古川雅一研究員(医療経済学)らがまとめ、八日発表した。

 推計には中高年男性の半分を占めるとされるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の人も含まれており、将来の健康悪化が心配。古川研究員は「医療費の一部は健康保険でカバーされるが、予備軍から病気に進めば家計を圧迫する。肥満予防が肝心」と話している。

内臓脂肪を減らすには、有酸素運動と、筋トレを併行するのが望ましい。
食事療法だけでは、中性脂肪や、コレステロールを減らすのは、むずかしく、適度の運動が、不可欠です。私自身でいえば、日々の運動の他に体重測定、血圧測定、鏡による、ボデイチェックをしています。数値、外見の日々の変化が、楽しみになります。


【ニューレシチン2個セット】メタボリックシンドロ−ム対策に1役買います!



レシチンは、リン資質の一種で生体膜を形成する主要成分です。

メタボリックシンドロ−ム対策に1役買います!
最近注目の大豆レシチン
生活習慣から来る様々な障害の予防に。。。
大豆レシチンには活性酸素を除去したり、コレステロ−ル値を正常にしたりと
様々な要素が詰まっています。
レシチンは
★肥満の原因の1つ
脂肪の代謝異常を正常に
脂肪を必要なところに均一に分配
長期摂取で肥満対策が可能です。

レシチンの主要成分であるリン脂質はカルシウムとの相性が
非常に良いと言われてます。

ニュ−レシチンはカルシウム配合の大豆レシチンです。

タマネギの効用について。

動脈硬化は、細い血管から、進行する。しかも、いったん動脈硬化になると、もとに回復しないと言われている。
最近、日本農業新聞の記事によると、
タマネギに光を当てると、コレステロール低下や動脈硬化予防に役立つ機能性成分のケルセチンが8倍に高まることを、北見工業大学の山岸喬教授ら研究グループが発見した。この技術で特許を取得し、新たな食品開発に乗りだした。
茶色の薄皮をはがしたタマネギに2500ルクスの光を当てたところ、照射された部分はケルセチンの量が約8倍になった。さらに簡単に増やせる方法として、ビニールハウス内にタマネギを放置して太陽光を1〜4週間浴びさせたところ、同様にケルセチンが増大した。
ならば、ベランダに買い置きした、タマネギを、同様に、何週間か放置しておいてから、食べることにしよう。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。