現代人にとって、ダイエットは、永遠のテーマである。

メタボリック患者にとっては、ウォーキングは、必然のものであるが、毎日、朝晩1時間歩いても、そう簡単には、体重は減らない。かといって、血圧が高いので、ハードなトレーニングは、出来ない。やはり、基礎代謝を上げるには、ある程度の筋トレが必要だろうとの判断から、(医者には、過度な筋トレは、注意されている。)スクワット、腹筋、腕立てを始めた。その結果、2週間で、1キロ、体重がダウンした。人間の身体は、最初の負荷には、多少の変化を見せるが、ある程度すると、慣れが生じて、そこからまた、変化をしなくなる。血圧、血糖値など、総合的に判断しながら、段階的に負荷をかけないと、かえって、危ないので、注意が必要です。

DHA&EPAでメタボリック対策!!



【1】鮮度が違います!
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 当社のイワシ油の原材料は100%銚子沖漁、銚子港で水揚げされた新鮮なカタクチ
 イワシのみを使用しています!
さらに食物連鎖のなかでも底辺に属するため、その他の大型の魚類に比べて、
汚染物質の蓄積が非常に少ないのです。
通常、イワシ油といえば、原料はペルー等から黒っぽい原料油(粗油)を仕入れます。
各メーカーにて、それを精製しています。が、当社は違います!
原料魚は、100%銚子港で水揚げされた新鮮カタクチイワシのみを原料としています。

 ┏━━━━━
【2】製法が違います(非加熱抽出法)!
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ナチュラルピュアDHA&EPAは無添加非加熱抽出
一般的な油の精製加工には、通常100度以上の加熱処理が行われ、
さらなる精製処理に230度〜の加熱操作を加えて精製します。
その加熱処理は、下記の様な原因の元に!

 ☆酸化が進みやすく劣化の原因に
☆トランス脂肪酸や重合物の精製を招く
☆トランス脂肪酸などの生成物や加熱による有効成分の減少により栄養効果が低下 

したがって熱を加えずに油を抽出できる特許申請中抽出製法
 「 無添加非加熱抽出法 」が最適なんです。

 ┏━━━━━
【3】天然成分が残っています!
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 精製工程において、高温加熱や溶剤によって消失又は減少してしまう天然成分も
 非加熱で抽出しているため、本来イワシが持っている成分や特に熱に弱い
「 コエンザイムQ10 」も従来法に比べ多くの成分が残っています。

 ┏━━━━━
【4】悪玉コレステロールを増加させるトランス脂肪酸が入っていません!
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トランス酸は酸化を促進する物質で、従来法で作った魚油には入っていますが、
非加熱で作ったイワシ油にはこうした不純物は見られません。
なので安心安全!お子様からご年配の方まで安心してお飲みいただけます!


┌◇成│功│者│続│出│モ│ニ│ー│タ│ー│さ│ん│の│声│◇┐
| ─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

|<38歳 男性>
|『うそだ!こんなサプリはたぶん効果ない!』
|と思ってこのサプリを飲み始めましたが、すごいです!
|寝る前に飲んだだけなのに、
|まずびっくりしたのが、血圧が168から128になって安定してきて
|あと寝覚めがよくなったのもビックリです!

|<32歳 男性 >
|30才をすぎて、だいぶおなか周りに肉がついて
|まわりに「メタボリック症候群だ」といわれても、
|毎日よる遅く帰ってきて、運動するのは面倒ですし、
|そんな気にならない。
|サプリを飲むにしてもどれを飲んでいいかわからないから
|迷っていたんですが、Natural Pure DHA&EPAのモニターになって
|お腹の脂肪も少し減ってきました。

|<33歳 女性>
|1ヶ月ほど前から毎日、朝・寝る前と欠かさずに5粒づつ飲んでいます。
|中性脂肪値の測定結果では確実に落ちてきています。
|体重も気持ちよく落ちてきていて、体調もばっちりです。

└――――――――――――――――――――――――――――――┘
まだこれは、ほんの一部!喜びの声が続々と届いています!

そして、
今回ご購入いただくと《いわし堂オープン記念》につき素敵な特典が2つ付いてきます!
          
           ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃ご注文者様全員に「いわし堂特製ピルケース」をプレゼント┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         さ ら に 《先着100名様》に
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃まとめて3本以上ご注文頂くと「いわし堂特製ミニ体脂肪計」をプレゼント┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

タグ:DHA&EPA

【ラブアゲイン 旧ラブビーン 約20回分】今話題の海馬含有究極のED革命的商品

現在、世界の先進国でEDに悩んでいる方は
人口の1割いると報告されています。
日本でも約950万人がED患者であるという報告があるのですが、
この世界的な統計に当てはめると、日本には約1500万人がいるということになり、
950万人よりも実際には更に多いだろうと考えられているのです。
およそ10年前の統計では420万人で、倍増していることが示されます。
実際に治療に携わっている現場から、EDには様々なケースがあると報告されています。
EDというと以前は成人病を患った高齢者の方に多いと思いがちでしたが、
30代、40代といった比較的若い方の受療率も高いと報告されています。

タグ:海馬含有
| 病気

メタボリックシンドロームの方とそうでない方の寿命は、大差がないことがわかった。

メタボリックシンドロームの症候を持つ人と持たない人の間の調査(2千人以上)で寿命にそれほど差がなかったという、自治医科大学の発表がありました。当ブログ管理者からすれば、この調査自体が意味のない調査だと思います。寿命ではなく、その中身こそが問題で、ある程度、健康で75歳まで生きるのと、糖尿病や、脳梗塞で寝たきりで73歳まで生きるのと、どちらがいいですか。私の身内にも、50歳で、脳梗塞になり75歳まで、寝たきりの方がいましたが、死んだほうがまだましという、残酷な結果になりかねないわけで、調査で寿命に差がないなら、そんなに、努力する必要もないかという楽観的な思考に陥りやすいわけで、この発表自体、笑止千万である。厚労省の狙いは、財政危機にある医療費の節約にあるわけで、寿命の伸びとは、一切関係ないことです。我々も、健康が一番の幸せであるという実感をかみしめるべきではないでしょうか。
タグ:寿命

善玉コレステロール増やす効果 ポテトペプチド商品化

【帯広】調味料など製造販売業コスモ食品(東京)は、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす機能を持つアミノ酸結合物質ポテトペプチドを道内のでんぷん工場の残さ物から抽出し、食品素材として商品化した。帯広畜産大などの共同研究グループが十日、発表した。

 商品の名称は「ポテ味」。網走管内美幌町にあるでんぷん工場の製造過程で出るジャガイモのタンパク質を、同社の北海道工場(十勝管内芽室町)でポテトペプチドに分解処理、粉末状にして商品化した。サプリメントや飲料水、パンなどに加える素材や、調味料としても利用できる。

 商品化は、道産農作物の付加価値向上を目指す文部科学省の都市エリア産学官連携促進事業の一環。ポテトペプチドについては、帯広畜産大畜産科学科の福島道広教授らが昨年、ネズミを使った動物実験で、動脈硬化などの原因になる悪玉コレステロールを血液中から減らし、善玉コレステロールを増やす効果があることを証明した。

 価格は一キロ二千−四千円。国内大手飲料メーカー向けなどに、卸売業者を通じて販売する。本年度は約三億円の売り上げを計画している。
                                                       北海道新聞

| 病気

恐るべしメタボリック市場関連

「メタボリックシンドローム関連市場は7.5兆円規模」 -- 矢野経済研
2007年5月9日 17時10分
矢野経済研究所は5月9日、中性脂肪対策向けの食品や、糖尿病治療などの「メタボリックシンドローム関連市場」について調査結果をまとめた。それによると2004年における同市場の規模は予防、診断分野だけで1兆円に達し、高額な費用のかかる改善/治療分野を含めると7兆5000億円に達したという。

内訳は食品、栄養、運動などの予防分野で7330億円、健康診断、健康管理機器などの診断分野が3265億円。糖尿病や循環器系疾患などの改善/治療分野が6兆4771億円だった。

メタボリックシンドローム関連市場の製品/サービスでみると、花王「ヘルシア」、サントリー「黒烏龍茶」といった中性脂肪対策向けの特定保健用食品(トクホ)や、皮下脂肪、便秘の改善向けの漢方薬「防風通聖散」が、2003年以降に急激に売上げを伸ばしている。

矢野経済研では今後の展望として、2008年から厚生労働省が40歳以上の健康保険加入者に向け健康診断を義務付ける、いわゆる「新健診」制度に関連した事業の成長を見込む。メタボリックシンドロームに対するリスク予測を含めたプログラムや、健診結果と保健指導を組合せたシステム、Webサイトを利用した健康支援サービスなどが活発になるという。

調査は1月―3月、メタボリックシンドローム関連の製品/サービスを提供する企業に対する面接取材、文献参照、各種情報整理などを通じて行った。

関連情報
・矢野経済研究所のWebサイト http://www.yano.co.jp/


タグ:医療費
| 病気

定期健康診断にウエスト測定

厚生労働省は25日、企業などに義務付けている定期健康診断の検査項目に、生活習慣病を招く「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)の診断基準となる腹囲(へそ回り)測定を追加することを決めた。対象者は35歳と40歳以上で、2008年4月から実施する。体格指数(BMI)の低い人や妊婦については検査の省略を認める方針。国民健康保険などの加入者向けに行われる健診でも、既に08年度からの実施(対象は40歳以上)が決まっている。
| 病気

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。