【ラブアゲイン 旧ラブビーン】今話題の海馬含有究極のED革命的商品



年齢を重ねるごとにEDになる人が増える、という傾向は確かにありますが、近年「年齢の所為だけでは無い」ということがわかってきています。そもそも「勃起」というのは性的刺激によって神経を介して信号が送られると、陰茎海綿体の動脈が開いて血液が流れ込み、海綿体はスポンジのように血液を吸い込んで貯め、膨張して硬くなるというシステムです。

しかし、アンバランスな食事や、運動不足、喫煙、お酒の飲み過ぎ、休養不足などの不規則な生活が原因で動脈の開きが不十分になると、血液の流れ込み方足りなくなりEDが起こります。また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の人は健康な男性に比べてEDになる可能性が高いといえます。
つまり、EDは一定の年齢層を超えた男性の問題だけではなく、もはや現代生活における全ての環境がその原因となり、全ての男性がその要因を持つということになるのです。
| 病気

ラジオ体操は、ダイエットに良い。

ウォーキングを1年やってきて、体重の変化が、思わしくないので、最近、朝6:30から、近くの公園で、中高年の皆さんと、ラジオ体操に参加させてもらいました。結果は、1週間で、1.5キログラムの減量となりました。普段使わない筋肉を、動かすことで、代謝アップしたものと、思われます。ラジオ体操をしっかりやると、ダイエットに良いということが、証明できたと思います。ジムでの部分的なトレーニングも必要ですが、なによりも、タダで、総合的に鍛えられますので、今一度、見直すべきではないでしょうか。これほど、完璧に組まれたプログラムが、あったなんて、あなたは、気づいていましたか。
| 病気

メタボリックシンドロームの治療方法

メタボリックシンドロームの治療は、まず肥満を改善し、内臓脂肪を正常まで少なくすることです。これによって、肥満だけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症は改善されます。
  肥満の改善には摂取カロリーを少なくし、運動をすることが最も重要ですが、これだけで肥満を改善することは困難なことが多いです(言うは易く行なうは難し、です)。そこでそれをサポートするものとして、メタボリックシンドロームを改善する安全性の高い成分の開発が大変注目されています。その中で現在最も注目されているものの一つがアディポネクチンの働きを高めるものです。

  アルギニンは、肥満、高血圧、高血糖などを改善し、メタボリックシンドロームを改善します。アルギニンのメタボリックシンドローム改善作用は主に、アルギニンから生成する一酸化窒素(NO)によると考えられていますが、アルギニンのアディポネクチン(善玉ホルモン)増加作用がその働きの少なくとも一部に関与している可能性が示されています。
  アルギニンは生体成分(体に必要なアミノ酸)です。アルギニンの安全性は高く副作用の心配はほとんどありません。
| 日記

サプリメントと栄養補給の重要性について。

メタボリック症候群の解消には、ウオーキングが、最適ですが、中には、病後で、満足に歩けない方もいると思いますが、慣れるまで、自分のペースで、散歩がてら、歩くことです。習慣にしてしまえば、歩くことをやめるのが、逆に怖くなってしまいます。効果を、あげるためには、サプリメントを併用するとよろしいかと思います。私は、最近ですが、アルギニンを摂取しています。そもそも、メタボリック症候群は、血管、血液の病気ですから、血管を収縮させる、タバコは、もちろん、コーヒーの飲みすぎ、塩分控えめに注意をしています。また、血管を拡張する、アルギニン、ビタミンC,Eを食事前の空腹時に服用しています。また、レシチン、DHAも、神経組織や、毛細血管を拡張するので、食後に服用します。運動は、過度の筋肉運動は、控えめにします。
| 日記

なぜ、ウォーキングは、身体によいのか。

メタボリック対策としては、通院をした場合、薬物療法、食事療法、運動療法の3本柱となるのは、基本ですが、運動療法は、一部のジム併用の病院を除いては、指導がありません。食事療法においても、サプリメントの摂取も認めません。あくまでも、通常の食事からの、栄養指導になります。薬物療法においては、血圧降下剤や血糖値を低下させる薬が主になりますので、ほとんどの方が、この段階で、副作用によりEDとなります。(半永久的に)尚且つ、動脈硬化も進行状態にありますので、HDLコレステロール(善玉)を増やし、総コレステロールを減少させなければなりません。HDLコレステロール(善玉)のみを増やす薬は、ありませんが、ウォーキング(有酸素呼吸)によってのみ、HDLコレステロール(善玉)が、増えることが、わかっています。
私の場合は、大動脈かい離で、緊急入院をして、退院後、毎日少しずつ、30分から、ウォーキングをはじめて、現在、午前、午後の1日2回50分ずつ、ウォーキングをしています。
定期的にしている、血液検査も、薬の効果もあって、すべての項目が、正常値になりました。
しかし、EDだけは、血圧降下剤の副作用で、そのままの状態です。
ED対策は、厚生労働省や病院でも、生命の危険がないのか、問題視していません。厚生労働省の調査においては、メタボリック症候群の認定の方が、潜在的な方を含めると国民に2人に1人であると、ホームページに発表しています。その裏には、EDの方が、たくさんいるということを、タブー視することが、少子化問題に影響しているということすら、論議しては、ならないのです。
結論。まず、ウォーキングから、はじめよう。
| 日記

男性ホルモンは、大腿筋、胸筋からも、生成する。

最近、スクワットをしている芸能人、タレントが多くなっているが、大腿筋や、胸筋からは、男性ホルモンが、分泌されるので、男性自身の機能を高めるためには、スクワットをしたほうがよいということです。
そもそも、男性の筋肉は、男性ホルモンによる作用だが、大腿筋や、胸筋を鍛えることで、男性ホルモンが、より分泌され、そのホルモンが、また、筋肉アップに作用する。しかし、本当の効果は、常に限界点以上のものが、必要になるので、より以上のエクササイズか、ホルモンの注入が、必要とされる。
そのためのサプリメントや、栄養剤が、必要とされるが、究極は、ステロイド系の男性ホルモンです。アメリカでは、プロのスポーツ選手には、認められている。
| 日記

メタボリックシンドローム関連、病気の共通原因は。

メタボリック症候群になると、様々な、病気にかかります。
しかし、根底にあるのは、血液、血管の病気であることには、かわりなく、根本原因を取り除けば、病気の連鎖は、なくなるわけです。
したがって、個別の病気を心配するよりも、大局感を伴う心構えでいきましょう。私個人的には、1年前に大動脈かい離を引き起こし、奇跡的に生還いたしました。現在は、後遺症もさほどなく、薬による投与を継続している最中です。
| 日記

メタボリックシンドロームの怖さ

基本的に「痛い」とか「つらい」といった自覚症状に乏しいのが生活習慣病の特徴であり、その治療は「自覚症状の緩和」ではなく、この病態を長期間・慢性的に持続させた結果として生じてくる「合併症予防」に目標がおかれる。メタボリックシンドローム(代謝症候群)の場合、動脈硬化の発生・進展防止が治療目標となり、そのための脂肪蓄積の進行防止・解消を目的に食事療法による摂取カロリーの適正化と、脂肪燃焼を促す目的での運動療法が基本となる。さらに、食事・運動といった生活習慣の改善により解消されない危険因子(耐糖能異常、脂質代謝異常、高血圧など)に対しては薬物療法を並行して実施する場合もある。また、喫煙は個別の動脈硬化の危険因子であることが疫学的に証明されているので、禁煙努力も並行して行うべきである。

しかし検診・脳ドックなどで無自覚のまま動脈硬化の進展が検査などにより発見されたり、動脈硬化性疾患(狭心症、心筋梗塞、脳卒中など)を発症した場合は、降圧薬(降圧効果以外にも動脈硬化進展抑止作用があるとされるアンジオテンシンII受容体拮抗薬などがよく用いられる)、抗血小板剤(アスピリンなど、いわゆる「血液サラサラ」効果を狙う)の投与などが検討され、バルーンカテーテル等による血管内療法や、血栓溶解療法、さらに冠動脈バイパス術のような外科的治療法がとられる場合もある。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。